40004583_30A

遺品整理士は国家資格ではなく民間の資格になりますが、基本的に遺品整理をするための知識やスキルを有している人が取得することのできる資格で、遺品と言っても故人にはさまざまな私物がありそれによって整理の方法は異なるのでそのあたりの知識もしっかりないといけません。

昔に比べると遺品整理士の認知度が少しずつ高まりを見せているなどの背景もあって資格を取得している人が在籍をしている業者を選択的に選んで依頼するケースも増えていますが、故人の所有物を取り扱ってもらうわけなので信頼できるところに依頼したいというのは親族の願いです。

資格を取得するためには専用のカリキュラムを受講しなければなりませんが、2カ月程度の時間をかけて知識やスキルを身に付けていくことになるので時間にある程度の余裕がないと資格取得は少々難しいかもしれません。

資格取得にかかってくる費用については概ね2万円程度になりますが、試験に落ちてしまうと試験料が別途でかかるようになるので注意する必要があります。

ちなみに試験を受けて合格する確率は65%前後になっているのでしっかり勉強をしておかないと試験に落ちてしまう可能性もあります。

また、勉強についてはカリキュラムをこなすだけでなく自主的に学習する時間を作ることも大切で、空いた時間を使って勉強をして必要な知識やスキルをプラスαで身につけることが試験に合格するための近道になり、実際の仕事にも活かすことができます。

【PRサイト】